目線を変えるだけで効率的な家事に

この記事をシェアする

作業時間を小分けにする

料理や掃除は、時間を決めて集中して行うことが多いです。
食事の時間が近づけば、料理にかかりっきりになりますし、掃除機をかけるには、実際に手を取られてしまいます。
作業時間を小分けにしてみるとどうでしょう。
例えば、料理の献立を、手の空いている時に1週間分くらいまとめて献立表を作っておくと、毎日、「何を作ろう」と悩む時間を省くことができます。
また、食材も1度ないし2度程のまとめ買いで対応することができ、無駄な買い物をすることも防げます。
また、献立表に沿って、空いている時間に下ごしらえをして、冷凍、または冷蔵してストックしておけば、実際に係る調理時間を短縮することができます。
掃除も、ゴミや髪の毛が気になったときに、すぐに取り出せるところに粘着クリーナーやフローリングワイパーを常備して、取り除くようにしておくと、大がかりな掃除をする頻度もさえることができます。

便利器具を使う

調理器具や清掃用具には、時短が可能になる便利な機能の付いたものも多く発売されています。
例えば、圧力鍋などは、具材を切って、味付けしてセットしておけば、時間になれば料理が出来上がっている、といった「ほったらかし調理」が可能です。
他にも、みじん切りやこねる機能のついた電動のブレンダーなどを使えば、下ごしらえも素早く行うことができます。

掃除機も、コードレスのタイプ等を使えば、一戸建ての1階、2階でコンセントを差し替えたりする手間もなく、また、吸引力の強いタイプを選べば、掃除機をかける時間自体を短縮することができます。
また、センサー付きで、自分から汚れを取り除いてくれるロボット掃除機も、平面部分に限られますが、掃除の手間を大幅に減らしてくれます。